認められたいならWEBライティング技能検定を取得

技能検定の有り無しを徹底比較

検定取得で信頼度が格段に上がります。

WEBライティング技能検定を取得することで、ライティングに必要な技術やマナーが備わっていることが証明されます。企業側の信頼度が高まり、優先配信案件も多く引き受けられるようになります。

文章が書ける人よりも、技術が必要

たくさんのWEBコンテンツが世界中に散らばっている今、検索機能やリンクをたどるネットサーフィンによってコンテンツを見つけてもらえるかが重要課題です。文章が書けることは大前提、何よりも検索などで拾ってもらえるWEB特有の文章技術がなければ、仕事も得られません。

認められたいならWEBライティング技能検定を取得

キーボード

WEBライターになるには資格が必要?

実は、WEBライターは年齢・学歴・性別などは一切問われません。仕様に沿った文章作成ができれば資格は必要ありません。ただし、単価が高い仕事を引き受けたい・生活できるまでの収入が欲しい等と考える場合には、ライティングサービス側の信頼が得られるWEBライティング技能検定を取得することをおすすめします。

WEBライターに活かせる資格は色々

WEBライティング技能検定の他にも、ライターが保持している国家資格・認定資格がライティングの強みにつながることもあります。特に医療従事者が監修した記事や、実際に資格保有者が記述した「資格取得系」の記事は、整合性も高く読み手に対する訴求力も高まるからです。

ライティングする際に気をつけるべきこと

読みやすく、わかりやすい記事であることが一番です。また、漢字を多用しないことや、一目で見て何を伝えたい記事なのか分かることも求められます。ページレイアウトやイラストの挿入、リンクを作るというように、WEBデザインが問われることも多いのですが、情報ありきのWEBコンテンツであることを常に念頭に置きましょう。

専門分野に特化したライターは貴重な存在

金融系や美容、ダイエットなど常に新しい商品やその方法が発表される業界では、それらの情報に長けたライターが求められています。また、法律系や転職などニッチな分野の記事はネット上にも少ないため、知識を有し記事作成ができるライターは貴重な存在となります。継続して仕事を引き受けられるメリットも生まれます。

広告募集中